今すぐお金を借りる必要がある人へ

当サイトでは、今すぐお金を借りる必要がある人の為に、審査回答や融資までの期間が比較的短くて、最短で即日融資も可能なキャッシング、銀行カードローンなどのサービスを紹介しています。

また、当サイトでご紹介するのは有名な大手のサービスばかりですので、安心してお金を借りることが出来ます。当サイトで紹介している方法やサービスの中から選んで頂けると、安心安全、良心的な金利や返済期間でお金を借りることが出来ると思いますので、ぜひご活用ください。

個人融資などのお金を借りる方法もありますが、消費者金融や銀行カードローンが今のところ一番下手な方法といえます。その他のお金を借りる方法を全否定はしませんが、思わぬ危険に巻き込まれる可能性がある方法だということは頭に入れておきましょう。

今すぐお金が必要な人の為にオススメのキャッシング

では早速、オススメのキャッシングサービスをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

まずは消費者金融から

プロミス
20110516追加 728*90
金利
4.5%~17.8%
ここがオススメ
・WEB契約なら即日融資も可能
・来店不要
・初めての方に限り30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
・銀行やコンビニで利用可能
・学生、主婦でもパートやアルバイトによって安定した収入があれば申し込み可能
・女性専用窓口有り
・担保、保証人不要
プロミスで素早くお金を借りる方法
プロミスは口座振込や自動契約機など、様々な契約方法、申し込み方法がありますが、一番早くて、なおかつばれる可能性が低いお金を借りる方法があります。

それはネットで申し込んでから、自動契約機で手続きを済ませてその場でお金を借りる方法です。

まずお金の受け取り方法ですが、口座振込にしてしまうと、平日14時までに手続きを完了させないといけません。振込に使用する銀行の営業が15時で終了してしまうことがほとんどだからです。

ですので、ネットで申込みを済ませて、審査完了後に自動契約機に行って残りの契約を済ます方法がおすすめです。

自動契約機はプロミス(22時まで)と三井住友銀行(21時まで)のどちらも利用することができます営業時間も長いですし、三井住友銀行の契約機でしたら、他人から見てもお金を借りているようには見えにくいです。

※自動契約機の営業時間は店舗によって異なる場合があります。

15時以降、銀行の営業終了時刻以降は、銀行内にもあまり人がいませんので、こちらでカードローンの契約を済ませてその場でお金を受け取ることができます。

銀行から出る時も、他人からはATMでお金を引き出したようにしか見えません(そんなに注目してみてる人もいないですが)。

いまのところ、プロミスではこの方法が、最もバレにくく、今すぐお金を借りることができる方法といえるでしょう。

koushiki1
アコム
金利
4.7%~18.0%
ここがオススメ
・即日融資も可能
・お借入可能か3秒で簡易診断
・最短30分で審査回答
・初めての方に限り30日間無利息
・利息は利用日数分のみ
・ネットやATMで24時間、融資・返済可能
・担保、保証人不要
koushiki1
モビット
468x60 夏菜さん 静止
金利
3.0%~18.0%
ここがオススメ
・最低金利3.0%~、利息が安い
・即日融資も可能(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
・10秒簡易審査
・電話連絡ナシ
・郵送物ナシ
・担保、保証人不要
モビットでばれずにお金を借りる方法
モビットは、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていればWEB完結手続きをすることができ、電話や郵送物がないので、これが一番バレにくくお金を借りる方法といえます。

もちろんネット申し込み後に自動契約機に行く方法もありですが、外出する必要もないので、偶然知り合いにあってしまうといったリスクも少ないので、やはりWEB完結が一番いい方法でしょう。

ただし、これらの銀行口座がない場合は、一般的な方法でお金を借りないといけないので、そのあたりは、スピードを優先するのかバレにくさを優先するのか、契約方法をよく検討しなくてはなりません。

koushiki1
アイフル
アイフル
金利
4.5%~18.0%
ここがオススメ
・即日融資も可能
・お借入可能か1秒で簡易診断
・最短30分で審査回答
・はじめてなら最大30日間無利息
・誰にもバレずにカードの受取ができる
・女性専用窓口有り
・担保、保証人不要
アイフルで素早くお金を借りる方法
アイフルはすでに最短即日融資、審査回答最短30分とうたっていますが、さらにお急ぎの場合は、ネット申し込み後にフリーダイヤルに連絡をするという方法があります。

この方法なら、100%かどうかわかりませんが、優先的に審査をしてもらうことができ、さらに時間短縮ができる可能性があります。スピード重視で選ぶなら、この方法でお金を借りることも選択肢になってくるでしょう。

koushiki1

続いて銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
バナー画像掲載予定
金利
4.0~14.5%
ここがオススメ
・即日融資も可能
・最短30分で審査回答
・口座が無くても申込可能
・全国ATMでのご利用可能(イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATM)
・担保、保証人不要
オリックス銀行カードローン
バナー画像掲載予定
金利
3.0~17.8%
ここがオススメ
・最短即日審査可能
・返済は月々7000からでOK
・1000円単位でのお借入可能
・ATM利用手数料無料
・おまとめ、借り換えOK
・来店、口座開設不要
・担保、保証人不要
みずほ銀行カードローン
バナー画像掲載予定
金利
エグゼクティブプラン:3.0%~7.0%
コンフォートプラン:3.5%~14.0%
ここがオススメ
・最短即日利用可能
・エグゼクティブプランなら最大7.0%の低金利
・来店、郵送扶養
・WEB申込可能
ジャパンネットバンク銀行カードローン
バナー画像掲載予定
金利
2.5%~18.0%
ここがオススメ
・2.5%~18.0%
・初回借入日から何度でも30日間無利息
・最短60分で融資可能
・10万円~1000万円まで融資可能
・担保、保証人不要
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
バナー画像掲載予定
金利
4.6%~14.6%
ここがオススメ
・インターネットなら最短30分で審査回答
・1000円単位のお借入可能
・提携コンビニATM手数料無料
・返済サポート付きだから安心
・使い道自由(事業性資金を除く)
・担保、保証人不要

実質年率を比べてみました

実質年率 無利息期間
プロミス 4.50%~17.80% 初回借入日から30日間無利息
アコム 3.00%~18.00% 契約翌日から30日間無利息
モビット 3.00%~18.00%
アイフル 4.50%~18.00% 契約翌日から30日間無利息
三井住友銀行 4.00%~14.50%
オリックス銀行 3.50%~12.48%
みずほ銀行 3.0%~14.00%
ジャパンネット銀行 2.50%~18.00%
三菱東京UFJ銀行 4.60%~14.60%

口座開設と来店の有無を比べてみました

口座開設 来店
プロミス 不要 不要
アコム 不要 不要
モビット 不要 不要
アイフル 不要 不要
三井住友銀行 不要 不要
オリックス銀行 不要 不要
みずほ銀行 必要(同時開設) 不要
ジャパンネット銀行 必要(同時開設) 不要
三菱東京UFJ銀行 不要 不要

お金を借りる前に準備しておくべきもの

いろいろな事情でお金が必要になると、キャッシングやカードローンは強い味方となります。全国各地に消費者金融カードローン自動契約機が設置されていますし、インターネット上でも簡単に申し込み手続きを済ませる方法もあります。しかも、申し込みをするとすぐに審査がなされて、融資を受けられるかどうかすぐに分かりますので、待つことなくカードローン審査結果を知ることができます。そして借り入れもすぐにできて、早いところでは申し込んだその日のうちにお金を受け取れるのです。こうした便利な申し込み手続き方法を最大限活用するためには、申し込みにあたって必要とされるものを事前に揃えておくことが肝心です。

キャッシングでお金を借りる際に必要なものとして、いくつかの書類を挙げることができるでしょう。基本的には、本人確認書類などが求められる方法が多いでしょう。本人確認書類とは、運転免許証やパスポートが主なものです。この書類は、申し込み者の自宅を確認したり、本人の名前をチェックするためのものです。どのキャッシングローンの申し込みにも必要となるものですから、手元に用意してすぐに提出できるようにしておきましょう。

もう一つの書類としては、収入証明書が挙げられます。本人の収入がいくらくらいあるかを証明するもので、返済能力を確認するために必要となります。どのような書類を求められるかというと、源泉徴収票や給与明細など勤め先の会社から受け取っているものが代表例となっています。役所での作成が必要ですので、発行には少し手間がかかります。

収入証明書の提出に当たっては、最新のものを準備することを忘れないようにしましょう。前年度の書類でないと、正確に返済能力を計ることができませんので、提出しても最新版の再提出を求められることになるでしょう。本人確認書類はどのキャッシングサービスでも必要となります。また、申し込み手続きをした後に、必要な場合にのみ提出を求められることがあります。その際には、さらに審査まで待ち時間がでてきますので、注意が必要です。

こうした書類がキャッシングの申し込みに必要となりますので、自動ローン申し込み機などで手続きをしたいのであれば、忘れずに持参するようにしましょう。もし、書類が不足していると、手続きがそれ以上進まず、融資まで時間がかかってしまいますので、事前に何が必要かをそれぞれのローン会社のホームページなどでチェックしておきましょう。

お金を借りれるかの分かれ道!審査ではどこを見られている?

キャッシングを申し込んでも、融資が実行できないと通知がくることがあります。すべての人が借り入れを受けることができるわけではありませんし、1つのキャッシングプランで審査にパスしても、他のカードローンではダメだということもあります。そのため、審査がどのように行われているかを知っておくと、参考になるでしょう。

キャッシング・カードローンの申し込みでは、申し込み者の情報を登録する必要があり、自宅の住所や連絡先、職場の情報などを記入します。審査の際には、こうした情報のチェックを行います。申し込みと同時に運転免許証などの本人確認書類の提出がなされますので、記入した内容と合っているかどうかを確認します。自宅や連絡先の内容が正しいかを調べるために、電話を直接かけてチェックすることもあります。そして、職場に在籍確認を行う金融機関もありますので、プライバシーを守りたいと思っているのであれば、注意が必要です。最近では、多くのローン会社が在籍確認の電話連絡をしないようになっていて、できるだけ職場の人に分からないように配慮を払っています。

こうした本人確認を行うと同時に、返済能力のチェックを行います。それには、収入を知るための書類の提出を求めてくることがあります。会社員であれば、給与明細書や源泉徴収票を確認して年収をチェックします。自営業者や複数の仕事をしているのであれば、課税状況を知ることができる書類が必要となります。これらの証明書によって年収を知ることは、総量規制の範囲を知るのに重要です。総量規制とは年収の3分の1以上は借入ができないという制度で、年収によって融資可能額が変わってきますので、正確に年収を明らかにする必要があります。

これによって、返済能力がどのくらいあるかを審査して、融資限度額が決定されます。時には、年収が低いと融資自体ができないという結論に至ることがあります。こうした審査は本人からの書類提出によってチェックがなされますが、他にも金融取引の履歴を知るための審査があり、これは信用情報機構という機関に紹介をすることによってなされます。今までどこにどのくらいのお金を借りているか、現在いくらの借入金があるかが分かるのです。

この取引履歴のチェックは審査の中でもとても重要で、債務不履行などの、いわゆるブラック扱いになっていると、かなりキャッシングの利用が難しくなります。このように複数の審査があり、それぞれに意味がありますので、参考にすると良いでしょう。

消費者金融の良いところ・悪いところ

お金を借りる際の大きな2つの選択肢として、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンが挙げられます。どちらにもメリットとデメリットがありますので、双方のポイントを押さえつつ、より自分に合ったプランを選ぶようにすると良いでしょう。消費者金融カードローンでお金を借りるメリットには、手続きの簡単さがあります。全国各地に自動契約機がありますので、どこにいても気軽に申し込みができます。また、インターネット上での申し込みもとても便利で、簡単な内容を入力するだけで、カードローンの申し込み手続きを完結させることができます。また、会社によっては専用のアプリを設けていて、スマホなどでさらに簡単に申し込みや、様々な手続きを行うことができるのもうれしいところです。

さらに、申し込み者のプライバシーを配慮するなど、細かな点にも気を遣っているというのもメリットの1つです。基本的には、申し込み内容の情報を確認するために、自宅や職場への電話チェックを行うことが多いものですが、会社の中にはこうした電話確認を行うことなく手続きを進められるようにしているところがあります。電話連絡によって、家族や職場の人にローン利用がバレてしまうということもありますので、こうした配慮はとてもうれしいものです。また、こうした手続きの簡素化によって、より審査が早く進むというメリットもあって、すぐに借入金が必要な方には好都合です。

一方、消費者金融でお金を借りることには、デメリットもあります。その1つが金利の高さです。銀行カードローンでは、最高金利が15パーセントくらいが多いものの、消費者金融カードローンでは17パーセントくらいになることもありますので、お得感という意味では銀行に負けてしまいます。もちろん、1週間無利息や30日間無利息ローンなどの特別なサービスもありますので、上手に使うことでお得に融資を得ることができます。

また、消費者金融では利用するのに不安感を覚えるという人もいます。消費者金融会社の名前が書かれた郵便物などが届くと、自宅で一緒に住んでいる家族にカードローンの利用がバレる可能性が高くなることは確かです。もちろん、利用者のプライバシーに配慮して、郵便物を送付しないなどの取り組みをしているところもありますので、しっかりと会社を選べば問題ないでしょう。

このように、気軽に申し込むことができるのが魅力の消費者金融のサービスですが、金融商品の根幹を成す金利などにデメリットがあります。そのため、利用をする際には事前にしっかりと検討して、返済プランを立てることが肝心です。無理なく完済できるように、シミュレーションをすると良いでしょう。

銀行カードローンの良いところ・悪いところ

消費者金融でお金を借りるよりも、銀行のキャッシンサービスを使った方が良いと考えて利用するも多くいます。それだけ銀行でお金を借りるメリットは大きく、返済を楽にすることができるのです。いくつかのメリットがありますが、なんと言っても金利が安いというのが一番でしょう。消費者金融の場合だと、最大で18パーセント程度の年利が設定されることがありますが、銀行だとそこまで高いものは少なく、15パーセント程度に抑えられています。さらに、融資金額によっては10パーセント以下の年率が課されることもあって、かなりお得にローンを利用できるという利点があります。

融資限度額も大きく、1000万円までの融資を可能としているところが多いと言えます。融資金額が大きくなるほど金利は低くなりますので、どのくらいの資金が必要かを把握した上で、効率よくローンできるように計画すると良いでしょう。

銀行カードローンでお金を借りるデメリットを挙げるとすれば、手続きが若干複雑になることがあるという点でしょう。多くの銀行では、カードローンを利用するためには、その銀行の口座を持つことを条件としています。もちろん、キャッシングの申し込みと同時に行えるのですが、持つ必要のない銀行口座を抱えることになりますし、少し手続きが増えることもあります。さらに、審査が厳しくなることもあるというのが銀行のキャッシングのデメリットでしょう。消費者金融では大丈夫なのに、銀行では審査が通らないということもありますので、注意が必要です。

このように、金利の低さや融資限度額の高さなどにメリットがあり、カードローンそのもので考えると利用価値が高い銀行のサービスですが、少々手間がかかるなどの手続き上のデメリットもあります。すでに口座を持っている銀行でカードローンを提供しているのであれば、より申し込みが楽ですので、どんなプランがあるか確認してみると良いでしょう。