今すぐお金を借りる必要がある人へ

当サイトでは、今すぐお金を借りる必要がある人の為に、審査回答や融資までの期間が比較的短くて、最短で即日融資も可能なキャッシング、銀行系カードローンなどのサービスを紹介しています。また、当サイトでご紹介するのは有名な大手のサービスばかりですので、安心してお金を借りることが出来ます。当サイトで紹介しているサービスの中から選んで頂けると、安心安全、良心的な金利や返済期間でお金を借りることが出来ると思いますので、ぜひご活用ください。

今すぐお金が必要な人の為にオススメのキャッシング

では早速、オススメのキャッシングサービスをランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

まずは消費者金融のランキングから

best12

プロミス
20110516追加 728*90
金利
4.5%~17.8%
ここがオススメ
・WEB契約なら即日融資も可能
・WEBで完結、来店不要
・初めての方に限り30日間無利息
・銀行やコンビニで利用可能
・50万円以下なら収入証明書不要
・学生、主婦でもパートやアルバイトによって安定した収入があれば申し込み可能
・女性専用窓口有り
・担保、保証人不要
best22
モビット
468x60 夏菜さん 静止
金利
3.0%~18.0%
ここがオススメ
・最低金利3.0%~、利息が安い
・即日融資も可能(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
・10秒簡易審査
・電話連絡ナシ
・郵送物ナシ
・担保、保証人不要
best32
アコム
最短即日
金利
4.7%~18.0%
ここがオススメ
・即日融資も可能
・お借入可能か3秒で簡易診断
・最短30分で審査回答
・初めての方に限り30日間無利息
・利息は利用日数分のみ
・ネットやATMで24時間、融資・返済可能
・担保、保証人不要
best32
アイフル
アイフル
金利
4.5%~18.0%
ここがオススメ
・即日融資も可能
・お借入可能か1秒で簡易診断
・最短30分で審査回答
・はじめてなら最大30日間無利息
・誰にもバレずにカードの受取ができる
・女性専用窓口有り
・担保、保証人不要

続いて銀行カードローンランキング

ジャパンネットバンク銀行
バナー画像掲載予定
金利
2.5%~18.0%
ここがオススメ
・2.5%~18.0%
・初回借入日から何度でも30日間無利息
・最短60分で融資可能
・300万円までなら収入証明書不要
・10万円~1000万円まで融資可能
・担保、保証人不要
三井住友銀行カードローン
バナー画像掲載予定
金利
4.0~14.5%
ここがオススメ
・即日融資も可能
・最短30分で審査回答
・口座が無くても申込可能
・全国ATMでのご利用可能(イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATM)
・担保、保証人不要
三菱東京UFJ銀行バンクイック
バナー画像掲載予定
金利
4.6%~14.6%
ここがオススメ
・インターネットなら最短30分で審査回答
・1000円単位のお借入可能
・提携コンビニATM手数料無料
・返済サポート付きだから安心
・使い道自由(事業性資金を除く)
・担保、保証人不要
オリックス銀行
バナー画像掲載予定
金利
3.0~17.8%
ここがオススメ
・最短即日審査可能
・返済は月々7000からでOK
・1000円単位でのお借入可能
・300万円以下は所得証明書不要
・ATM利用手数料無料
・おまとめ、借り換えOK
・来店、口座開設不要
・担保、保証人不要
みずほ銀行
バナー画像掲載予定
金利
エグゼクティブプラン:3.0%~7/0%
コンフォートプラン:3.5%~14.0%
ここがオススメ
・最短即日利用可能
・エグゼクティブプランなら最大7.0%の低金利
・来店、郵送扶養
・WEB申込可能
・200万円まで収入証明書不要

お金を借りる前に準備しておくべきもの

いろいろな事情でお金が必要になると、キャッシングローンは強い味方となります。全国各地に消費者金融の自動ローン申し込み機が設置されていますし、インターネット上でも簡単に申し込み手続きを済ませることができます。しかも、申し込みをするとすぐに審査がなされて、融資を受けられるかどうかすぐに分かりますので、待つことなく結果を知ることができます。そして借り入れもすぐにできて、早いところでは申し込んだその日のうちにお金を受け取れるのです。こうした便利な申し込み手続きを最大限活用するためには、申し込みにあたって必要とされるものを事前に揃えておくことが肝心です。

キャッシングでお金を借りる際に必要なものとして、いくつかの書類を挙げることができるでしょう。基本的には、本人確認書類と収入証明書が求められることが多くなっています。本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証、パスポートが主なものです。この書類は、申し込み者の自宅を確認したり、本人の名前をチェックするためのものです。どのキャッシングローンの申し込みにも必要となるものですから、手元に用意してすぐに提出できるようにしておきましょう。

もう一つの書類としては、収入証明書が挙げられます。本人の収入がいくらくらいあるかを証明するもので、返済能力を確認するために必要となります。どのような書類を求められるかというと、源泉徴収票や給与明細など勤め先の会社から受け取っているものが代表例となっています。自営業の方や、副業をしている方は課税状況を確認するためのものである所得証明書を提出することができます。役所での作成が必要ですので、発行には少し手間がかかります。

収入証明書の提出に当たっては、最新のものを準備することを忘れないようにしましょう。前年度の書類でないと、正確に返済能力を計ることができませんので、提出しても最新版の再提出を求められることになるでしょう。本人確認書類はどのキャッシングサービスでも必要となりますが、収入証明書は融資希望金額によって不要となることもあります。また、申し込み手続きをした後に、必要な場合にのみ提出を求められることがあります。その際には、さらに審査まで待ち時間がでてきますので、注意が必要です。

こうした書類がキャッシングの申し込みに必要となりますので、自動ローン申し込み機などで手続きをしたいのであれば、忘れずに持参するようにしましょう。もし、書類が不足していると、手続きがそれ以上進まず、融資まで時間がかかってしまいますので、事前に何が必要かをそれぞれのローン会社のホームページなどでチェックしておきましょう。

お金を借りれるかの分かれ道!審査ではどこを見られている?

キャッシングを申し込んでも、融資が実行できないと通知がくることがあります。すべての人が借り入れを受けることができるわけではありませんし、1つのキャッシングプランで審査にパスしても、他の商品ではダメだということもあります。そのため、審査がどのように行われているかを知っておくと、参考になるでしょう。

キャッシングローンの申し込みでは、申し込み者の情報を登録する必要があり、自宅の住所や連絡先、職場の情報などを記入します。審査の際には、こうした情報のチェックを行います。申し込みと同時に運転免許証などの本人確認書類の提出がなされますので、記入した内容と合っているかどうかを確認します。自宅や連絡先の内容が正しいかを調べるために、電話を直接かけてチェックすることもあります。そして、職場に在籍確認を行う金融機関もありますので、プライバシーを守りたいと思っているのであれば、注意が必要です。最近では、多くのローン会社が在籍確認の電話連絡をしないようになっていて、できるだけ職場の人に分からないように配慮を払っています。

こうした本人確認を行うと同時に、返済能力のチェックを行います。それには、収入を知るための書類の提出を求めてくることがあります。会社員であれば、給与明細書や源泉徴収票を確認して年収をチェックします。自営業者や複数の仕事をしているのであれば、課税状況を知ることができる所得証明書が必要となります。これらの証明書によって年収を知ることは、総量規制の範囲を知るのに重要です。総量規制とは年収の3分の1以上は借入ができないという制度で、年収によって融資可能額が変わってきますので、正確に年収を明らかにする必要があります。

これによって、返済能力がどのくらいあるかを審査して、融資限度額が決定されます。時には、年収が低いと融資自体ができないという結論に至ることがあります。こうした審査は本人からの書類提出によってチェックがなされますが、他にも金融取引の履歴を知るための審査があり、これは信用情報機構という機関に紹介をすることによってなされます。今までどこにどのくらいのお金を借りているか、現在いくらの借入金があるかが分かるのです。

この取引履歴のチェックは審査の中でもとても重要で、債務不履行などの、いわゆるブラック扱いになっていると、かなりキャッシングの利用が難しくなります。このように複数の審査があり、それぞれに意味がありますので、参考にすると良いでしょう。

参照:お金を借りる際の必要書類はこちらでもまとめています

お金を借りる時の金利(消費者金融の場合)

消費者金融を利用する際には、いくつかの重要なポイントを押さえて上で申し込みをする必要があります。特に、金利についての情報は申し込みの前に、いろいろなローンプランを比較して一番条件の良いものを選ばなければなりません。金利が高ければ、それだけトータルでの利息が高くなって、返済期間が長引くことになりますし、下手すると利息だけを払い続けて元金がなかなか減っていかないというパターンに陥ることすらあります。

会社やキャッシングプランによって金利は異なりますが、ある程度金利相場というものが存在しますので、覚えておくとプラン選びの参考になるでしょう。まず、消費者金融のローンにおいては利息制限法という法律が適用されますので、この法律で定められた金利を超えての設定はできません。こうした背景から、ほとんどのキャッシングプランでは、最大金利を18パーセント以下に定められています。

金利相場としては、下限が4パーセントから最大で18パーセントというところでしょう。この上下の幅は、融資金額によって異なりますので、申し込みの際にそれぞれの条件をチェックするようにしましょう。融資金額が低いほど金利は高くなり、金額が高くなると年率は低くなるという法則が適用されます。ローン会社によっては、全体的な金利設定が高いとしても、融資金額によっては他のプランよりも金利が低くなるという逆転現象が起こることがありますので、自分の希望する額を決めてから、その額でどのくらいの年率が設定されているかを比較してみるのが賢明でしょう。

また、キャッシングサービスの中には、ローンの一本化を目的としたプランもあります。複数あるローンを一括化することで、金利を下げて返済を楽にすることができるとともに、バラバラの返済期日を同じくすることで、より確実に返済を行っていくことができるというメリットがあります。こうした借り換えローンのプランでは、金利を低く設定するという傾向があります。

消費者金融の利用は、金利の高さによってかなり返済が楽かどうか変わってきます。金利が高ければ、それだけ返済期間が長くなり、負債と付き合うというストレスが大きくなりますので、しっかりと検討してプランを選ぶようにしなくてはなりません。

消費者金融でお金を借りるにはこちら

消費者金融の一般的な金利はこちら

お金を借りる時の金利(銀行系カードローンの場合)

ローンを利用するにあたって、消費者金融会社のキャッシングプランを利用するか、銀行系のローンにするかを決める必要があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の希望や必要性を考えた上で、しっかりと比較検討してから申し込みを行うようにしなくてはなりません。検討するポイントはいくつかありますが、特に金利はしっかりと調べるべき重要な点です。というのも、金利によって返済の楽さがかなり変わってくるからです。

消費者金融会社と銀行系のキャッシングでは、金利の差が大きく出ることがありますので、融資を申し込む際には第一選択肢として銀行のローンが利用できないかどうか、チェックしてみると良いでしょう。銀行からお金を借りたときの金利相場としては、3パーセントくらいから15パーセント前後が一般的です。ただ、銀行によってかなり金利が変わってきますので、それぞれのプランを比較してどこがお得かを調べる必要があります。

基本的に、銀行のキャッシングは融資限度額が高く設定されています。最高で1,000万円まで借りることができますので、かなり幅広い用途に利用できます。しかも、銀行からの融資であれば総量規制の対象とはならないので、気兼ねなく融資を申し込むことができるでしょう。特に、複数のローンをまとめて一括化したいときには、高額の融資が必要となりますので、こうした好条件の銀行キャッシングは強い味方となります。そして、融資額が大きくなるほど金利は低くなりますので、借り換えローンのメリットは大きくなるでしょう。

また、銀行系のキャッシングでは、銀行に口座を持って銀行そのもののサービスを利用していると、さらにお得になることもあります。通常の銀行のサービスをすでに利用しているのであれば、同じ銀行でキャッシングを申し込んだら金利がどうなるかを確認してみると良いでしょう。ホームページなどに出ている一般的な金利よりもお得になることもありますので、予定していたものよりさらに返済期間を短くすることもできます。

このように、銀行系のキャッシングは金利が低く、お得にローンを活用できるというメリットがあります。しかし、消費者金融よりも審査が厳しかったり、手続きが少し複雑になったりすることもあります。こうしたポイントも押さえながら、返済シミュレーションをしっかりとして、どちらが自分に合っているかどうか考えてみると良いでしょう。

銀行でお金を借りるにはこちら

銀行カードローンの一般的な金利はこちら

消費者金融の良いところ・悪いところ

お金を借りる際の大きな2つの選択肢として、消費者金融と銀行が挙げられます。どちらにもメリットとデメリットがありますので、双方のポイントを押さえつつ、より自分に合ったプランを選ぶようにすると良いでしょう。消費者金融でお金を借りるメリットには、手続きの簡単さがあります。全国各地に自動契約機がありますので、どこにいても気軽に申し込みができます。また、インターネット上での申し込みもとても便利で、簡単な内容を入力するだけで、申し込み手続きを完結させることができます。また、会社によっては専用のアプリを設けていて、スマホなどでさらに簡単に申し込みや、様々な手続きを行うことができるのもうれしいところです。

さらに、申し込み者のプライバシーを配慮するなど、細かな点にも気を遣っているというのもメリットの1つです。基本的には、申し込み内容の情報を確認するために、自宅や職場への電話チェックを行うことが多いものですが、会社の中にはこうした電話確認を行うことなく手続きを進められるようにしているところがあります。電話連絡によって、家族や職場の人にローン利用がバレてしまうということもありますので、こうした配慮はとてもうれしいものです。また、こうした手続きの簡素化によって、より審査が早く進むというメリットもあって、すぐに借入金が必要な方には好都合です。

一方、消費者金融でお金を借りることには、デメリットもあります。その1つが金利の高さです。銀行系のキャッシングサービスでは、最高金利が15パーセントくらいが多いものの、消費者金融では17パーセントくらいになることもありますので、お得感という意味では銀行系に負けてしまいます。もちろん、1週間無利息や30日間無利息ローンなどの特別なサービスもありますので、上手に使うことでお得に融資を得ることができます。

また、消費者金融では利用するのに不安感を覚えるという人もいます。消費者金融会社の名前が書かれた郵便物などが届くと、自宅で一緒に住んでいる家族にバレる可能性が高くなることは確かです。もちろん、利用者のプライバシーに配慮して、郵便物を送付しないなどの取り組みをしているところもありますので、しっかりと会社を選べば問題ないでしょう。

このように、気軽に申し込むことができるのが魅力の消費者金融のサービスですが、金融商品の根幹を成す金利などにデメリットがあります。そのため、利用をする際には事前にしっかりと検討して、返済プランを立てることが肝心です。無理なく完済できるように、シミュレーションをすると良いでしょう。

参照:消費者金融でお金を借りるメリット・デメリット

銀行計カードローンの良いところ・悪いところ

消費者金融でお金を借りるよりも、銀行系のキャッシンサービスを使った方が良いと考えて、ローンを利用するも多くいます。それだけ銀行でお金を借りるメリットは大きく、返済を楽にすることができるのです。いくつかのメリットがありますが、なんと言っても金利が安いというのが一番でしょう。消費者金融の場合だと、最大で18パーセント程度の年利が設定されることがありますが、銀行系だとそこまで高いものは少なく、15パーセント程度に抑えられています。さらに、融資金額によっては10パーセント以下の年率が課されることもあって、かなりお得にローンを利用できるという利点があります。

融資限度額も大きく、1,000万円までの融資を可能としているところが多いと言えます。融資金額が大きくなるほど金利は低くなりますので、どのくらいの資金が必要かを把握した上で、効率よくローンできるように計画すると良いでしょう。

銀行でお金を借りるデメリットを挙げるとすれば、手続きが若干複雑になることがあるという点でしょう。多くの銀行では、キャッシングローンを利用するためには、その銀行の口座を持つことを条件としています。もちろん、キャッシングの申し込みと同時に行えるのですが、持つ必要のない銀行口座を抱えることになりますし、少し手続きが増えることもあります。さらに、審査が厳しくなることもあるというのが銀行系のキャッシングのデメリットでしょう。消費者金融では大丈夫なのに、銀行では審査が通らないということもありますので、注意が必要です。

このように、金利の低さや融資限度額の高さなどにメリットがあり、ローンそのもので考えると利用価値が高い銀行系のサービスですが、少々手間がかかるなどの手続き上のデメリットもあります。すでに口座を持っている銀行でローンサービスを行っているのであれば、より申し込みが楽ですので、どんなプランがあるか確認してみると良いでしょう。

参照:銀行でお金を借りるメリット・デメリット

怖い取り立てで、強引に借りたお金を持っていかれることはあるの?

消費者金融などのキャッシングローンを利用したいけれども、利用に当たっては不安を感じるという人が結構いるものです。その不安とは、万が一返済が遅れたり払えなくなってしまったりした時に、怖い取り立てがあるのではないかというものです。テレビや本などでヤミ金の取り立てを行う様子が取り上げられることもあって、そのキツさに苦労する利用者の様子を見ると、こうした不安が生じるのは無理からぬことでしょう。しかし、しっかりとした消費者金融会社や銀行であれば、法律を遵守して恐怖感を与えるような取り立ては行いませんので、安心できるでしょう。

もちろん、時に資金繰りがつかず返済が遅れてしまったり、予定額を支払えないということも生じます。そのような時には、金融会社から口座に十分な残高がない、もしくは入金がなかったという通知が来ます。通常は自宅に手紙の形でくることが多くなっていますが、時には本人の携帯電話などに直接連絡してくることもあるでしょう。いずれにしても、一回の返済遅れで、突然自宅や職場に取り立てに来るということはありませんので、心配する必要はありません。そして、その通知が来て期日までに入金を行えば、返済遅れとして見られることはありませんので、今まで通りローンを利用できます。信用情報にも傷が付かず、将来のローン利用にも影響しませんので、すぐに入金を行うことが肝心です。

しかし通知が来ているのにも関わらず、それを無視して入金を行わないと、直接的な取り立てが行われることがあります。会社や借入額、今までの返済状況によって異なりますが、自宅だけでなく職場への電話連絡があったり、自宅への訪問があったりすることもあります。こうなるとプライバシーを損ねることになりかねませんし、精神的にも大きな負担となりますので、ぜひとも避けたい状況です。それで、返済のための十分な資金がない時には、たとえ払えないとしても、金融会社に連絡をして事情を説明するようにしましょう。

こうした誠意ある対応をすることで、返済が遅れるとしても、一月待ってくれたり、その月の返済分を減額してくれたりと融通を利かせてくれることもあります。どちらにせよ、毎月しっかりと返済を行うという契約を履行できないわけですから、誠意を示すのは重要でしょう。金融取引は信用によって成り立っているものですから、こうした対応は今後のサービスの利用に影響してきます。気持ち良くサービスを使い続けられるように、こうした点に注意しましょう。

お金を借りる前に知っておきたい総量規制の基礎知識

消費者金融のキャッシングローンは、お金が入り用の時に大変役に立つサービスで、気軽に借りられるのが人気の理由です。一方で、その気軽さのために、ついつい自分の返済能力を超えてお金を借りてしまい、返済ができなくなってしまうというケースも多く見られます。また、なんとか毎月の決まった支払いは続けられるものの、利息の支払いで精一杯で、元金が全然減らないという状況も生じます。こうなると、いつまで経っても債務から解放されることがなく、生活に支障をきたしますし、精神的にも大きな負担となってしまいます。

そこで、こうしたローンの悪循環に陥らないように、政府主体の対応策が採られるようになりました。それが総量規制と呼ばれるものです。これは、年収の3分の1を超えての消費者金融のローンを使うことはできないというルールで、ローン申し込みの際の審査でしっかりと調査されます。こうすることで、返済能力をオーバーしての借入は行われず、大きな負債に苦しむことがなくなるという目的が果たされます。

キャッシング申し込み者からすると、高額の融資を受けたいのに、総量規制の枠を超えてしまうので、予定額が借りられないという事態になることがあります。そのため、自分の年収をはっきりと明示することが必要になります。サラリーマンの方だと給与しかありませんが、副業を持っている人や自営業の方であれば、すべての収入をまとめて知らせることで、利用枠を広げることができます。

また、この総量規制は、消費者金融会社のサービスを対象としたものですので、銀行系のキャッシングローンには適用されないということも覚えておくと良いでしょう。また、銀行からの融資は限度額が大きい傾向にあり、1,000万円まで借入ができるということも少なくありません。

こうした総量規制に関する銀行のアドバンテージを活かして、いろいろなプランを設けていますので、それぞれの銀行のメリットを確認して、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。利用の前にしっかりと詳細を確認して、できるだけ条件の良いものを選ぶことが大切で、その後の返済プランにも大きな影響を及ぼすことになります。

所得証明の発行する方法と手続きの流れ

キャッシングローンを使用するにあたっては、いくつかの書類が必要になることがあります。基本的にどの会社でも、本人確認書類の提示を求めています。この本人確認書類とは、運転免許証などの書類で、申し込み者の住所や氏名をチェックするためのものです。そして、収入証明書の提示が求められることもあります。返済能力の有無を確認するためのもので、源泉徴収票や給与明細書が一般的です。給与所得者にはこうした書類が一番ですが、自営業者や複数の仕事をしている人は、別の書類が必要になります。それが、所得証明書です。

この所得証明書とは、前年度の所得によって変わる課税状況を確認するための書類です。この書類を見れば、いくらの所得があって税金をいくらくらい払っているかが分かりますので、返済能力を見るのに適していると言えるでしょう。この所得証明書は公的な書類ですので、各自治体の役所で発行してもらうことになります。それぞれの自治体の役所に行って、所得証明を発行してほしいと言えば、すぐにその場で作成することができますので、窓口で聞いてみると良いでしょう。役所の混雑状況によりますが、書類の発行自体は簡単ですぐに終わりますので、面倒な手間はかかりません。

とはいえ、わざわざ役所に行って発行手続きをしなくてはいけませんから時間がかかり、ローンの申し込みをしようと思っても、思うように進まないこともあります。しかし、すべてのローン商品でこの所得証明書が必要になるというわけではありません。融資申込金額が低いのであれば、ほとんどのローン会社でこの書類は不要としています。もし、自分が申し込むキャッシングサービスの額が大きいのであれば、ホームページなどで所得証明書が必要になるかを調べ、もし必要であれば申し込みをする前に発行してもらうようにしましょう。そうすることで、スムーズに申し込みを進めていけますし、面倒な手間がかかりません。

こうした書類は、申し込み者の返済能力を示すものですし、これによってローンを利用できるかどうかの判断が決まることもあります。そのため、所得証明書は常に最新のものを用意する必要があります。前年度の書類しか受け付けてくれませんので、新しい証明書を作成してもらうようにしましょう。いくつもの手続きが申し込みには関係していますが、一番手間がかかるものですので、早く借入金を受け取りたいのであれば、事前のしっかりとした準備が欠かせません。

女性専用窓口は一般窓口でお金を借りる違い

キャッシングサービスを必要としているのは、何も男性だけではありません。最近では女性のローン利用者も増えていて、よりキャッシングが身近になっていることを伺わせています。一方で、女性の中には消費者金融などのキャッシングを利用するのをためらっている方も多くいます。というのも、申し込みや様々な手続きの際に、男性スタッフと話すのに抵抗を感じたり、時に不安感を覚えたりするからです。また、自宅の住所や携帯電話の番号、職場の情報などを知らせますので、プライバシーの保護という観点からも心配に思うこともあるでしょう。さらに、万が一返済が遅れた場合など、取り立てがどうなるのだろうと、漠然とした恐怖感を持っている人もいます。

こうした不安を払拭して、女性でも安心してキャッシングを利用できるように、女性専用窓口を設ける会社が多くなっています。また、女性専用のローンプランを作って、より安心感のあるプランを提供することもあります。こうした女性専用窓口は、一般窓口とは異なり、女性スタッフがすべての対応にあたります。申し込みをする際のいろいろな手続きや相談業務、様々な連絡事項の通知などを基本的には全て女性が行っていますので、安心感があります。また、返済が難しくなってしまった時に相談をすると、親身になって返済プランの計画や融通の利く返済方法を考えたりしてくれますので、配慮が行き届いています。

万が一、資金繰りがうまくいかずに支払いが遅れてしまった時も、多くの会社では女性スタッフが連絡を行っています。やはり、取り立ての際の不安感というのは大きいので、女性スタッフがこうしたことを行ってくれると、少しは精神的なストレスが軽減されます。もちろん、これは原則的なものですので、返済が大幅に遅れているなどした時は、より大きな責任を保つ男性スタッフが対応を行うこともありますので、できるだけ返済遅れなどが生じないように返済を確実に行うことが大切です。

女性専用プランの中には、お得な金利を設定していることもありますので、より気軽にローンを利用できます。もし女性で、キャッシングを必要としているのであれば、まず女性専用プランがある会社や、女性専用窓口を設けてるところを調べてみると良いでしょう。ストレスなくローンを使えるところであれば、気軽に活用できて上手に資金を回していくための助けとなります。情報収集をして複数の会社を比較検討するのが、賢い利用方法でしょう。

知っておきたい返済方式1:残高スライド元利定額返済方式

消費者金融会社や銀行によって、返済方式が異なっていますので、利用者としてはそれぞれの返済方式がどのようなものかを知って、どれが自分にとってお得になるかを知るようにしておきましょう。そうすることによって、効率よく返済を進めていくことができます。また、見た目上金利が低いとしても、返済方式によって、他のプランの方がトータルでの利息の支払いが多くなってしまうということも生じ得ます。複雑そうに見える返済方式の内容ですが、仕組みを知ってしまえばさほど難しくありません。

多くの消費者金融や銀行が取り入れている主要な返済方式は、残高スライド元利定額返済方式と呼ばれるものです。これは、元金と利息を合わせた残高によって毎月の返済額が変わっていくというものです。最初の内、残高が高い期間は返済額が多めですが、後半になって残高が少なくなると、それに応じて毎月の返済額も少なくなるというシステムです。ほとんどの場合、毎月の返済額は1万円や3万円というように、分かりやすい金額に設定されています。

そして、返済したお金は利息と元金の両方に充当されていきます。こうすることで、元金が減っていき利息として発生する部分が少しずつ減少していきますので、効率よく返済を進められるのです。利息だけを払ってなかなか元金が減っていかないという事態を避けられますので、この方式を選択することは重要です。また、この方法では毎月の返済額が定まっていますので、資金繰りをするのが簡単で、返済のイメージが尽きやすいというメリットがあります。

一方で、この残高スライド元利定額返済方式にはデメリットもあります。返済の後半になって残高が少なくなると、自動的に返済額も少なくなります。支払いに余裕ができると同時に、元金への充当が減ってしまい、完済が遠のいてしまうからです。ゆとりを持って返済をしたいという人ならいいのですが、返済期間が長くなるだけ、トータルで支払う利息が大きくなってしまって、お得さが失われてしまうのです。

そして契約条件として明示されている金利の年率が低いとしても、返済期間が長引いてしまえば結果的にはたくさんの利息を払うことになってしまいますので、できるだけ早く完済することが上手にローンを利用する秘訣です。この点で言うと、残高スライド元利定額返済方式はしっかりと返済計画を立て、繰り上げ返済などをできるだけ行うことによって、効率よく支払いを行うことが肝心になります。

知っておきたい返済方式2:元利定率リボルビング方式

いくつもの返済方式が存在する消費者金融のサービスですが、ポピュラーな返済方式として元利定率リボルビング方式が広く採用されています。消費者金融でも銀行でも、この方式が採用されていることがありますので、どのようなシステムを持っているのか、どんなメリットやデメリットがあるのかを知っておくと良いでしょう。

元利定率リボルビング方式とは、毎月同じ返済額となるのが特徴です。その固定された返済額の中から、元金にかかるすべての利息に充当され、その後余った返済分で元金への充当が行われるというのが、基本的な考え方だと言えるでしょう。この元利定率リボルビング方式のメリットとしては、毎月同じ返済額ですので、返済が楽でしっかりといつも必要な支払い分を確保できるという点を挙げられます。こうしたメリットを持っていますので、住宅ローンなど長期に亘るローンプランに採用されることが多くなっています。

一方で、この元利定率リボルビング方式では、利息の支払いに充てる分が大きくなってしまいますので、元金への充当が最初の内は少なくなってしまうという傾向があります。そのため、返済期間がどうしても長くなってしまい、全体的に見ると支払う利息の総量が大きくなるというデメリットを持っています。返済の便利さの代わりに、お得さが失われてしまうのです。金融会社側からすると、利用者が無理なく支払えるので返済不履行のリスクを減らせますし、長期的には高い利子を得ることができますので、利益が出やすい方式となっています。多くの金融機関でこの方式を採用しているのも、こうした事情を考えると当然と言えるでしょう。

キャッシングローンを選ぶ際には、どんな返済方式を採っているか知るのは重要ですが、この元利定率リボルビング方式は、ゆとりを持って返済を続けていきたい人に向いていると言えます。また、毎月定額ですので、返済の手間を省いて楽に毎月支払いをしていきたいと考えているのであれば、とても使いやすいシステムとなります。こうしたメリットとデメリットを考慮して、総合的にお得なローンプランとなるかどうかを確認してから申し込みをするようにしましょう。もちろん、返済方式だけでトータルでの金利の有利さが決まるわけではなく、年率や繰り上げ返済がどのくらい実行できるかということによっても変わります。返済シミュレーションをして効率よく、そして楽な支払いができるようにしましょう。

知っておきたい返済方式3:元金定率リボルビング方式とは

いろいろな返済方式がある中、元金定率リボルビング方式は完済に至るまで効率的に支払いを行うことができて、より早く債務を解消できるものとなっています。基本的な仕組みとしては、毎月決まった額が元金に充てられて、その元金に応じた利息分を上乗せして支払うというものです。こうした仕組みを持っているため、毎月支払う額は変動しますので、他の定額返済方式に比べると確認作業が面倒に思えることがあるでしょう。

しかし、毎月確実に元金が減っていきますので、徐々にそれに対応する利息も減っていき、毎月返済額も少なくなっていくことになります。つまり払えば払うほど、毎月の返済が楽になっていきますので、最初の内頑張って支払いを続ければ、すぐに楽に返済を続けられるようになります。スタートダッシュをして、スピードに乗ったら後はのんびり返す、という返済方法と言うことができるでしょう。最初の期間は大変ですが、その後は精神的にもゆとりがでてきますので、ストレスなく完済に至れるというメリットがあります。

元金定率リボルビング方式では、元金が着実に減っていくため、返済期間を短縮できるというメリットもあります。トータルで考えると、利息が少なくて済みますので、利用者にとってはお得な方式となります。一方で、金融会社にとっては、あまり利子で利益を上げられないという難点があります。また、毎月返済額が変わっていくため、計算をして利用者にその都度連絡を行わなくてはならないという、業務上の手間もあります。こうしたことから、あまり多くの金融会社ではこの元金定率リボルビング方式を採用していないのが現状です。

逆に言うと、この元金定率リボルビング方式を使ってキャッシングローンを提供しているところがあれば、狙い目だと言えるでしょう。基本的な金利年率が少し高いとしても、完済までに支払う利息は少なくなるという、逆転現象が生じることもありますので、返済シミュレーションをしていて、他のローンプランと比較してみると良いでしょう。意外とお得な結果になるものですので、プランを選択する際には、見た目上分かりやすい年率にだけ目を留めるのではなく、返済方式に注目してみることも重要です。 

このように、一見すると複雑そうに見える返済方式ですが、原則を知るとすぐにその仕組みと、メリットデメリットを理解できます。よりお得なキャッシングプランを選ぶために重要なポイントですので、注意して契約の詳細を見てみると良いでしょう。

消費者金融と闇金でお金を借りることは何か違いがあるの?

本やテレビなどで、闇金について取り上げられることがありますので、世間では闇金は怖いというイメージが定着しています。闇金は違法なサービスですので、こうしたイメージが広まって利用する人が減るのは良いことですが、一方で、クリーンに業務を行っている消費者金融会社と混同してしまい、消費者金融も高い利息を不当に取って、恐ろしい取り立てをするところだというイメージを持っている人もいるのも事実です。しかし、消費者金融と闇金はまったく異なるものですので、はっきりと理解するようにしましょう。

まず、銀行にしても消費者金融会社にしても、お金を貸すことを業務とする場合には、貸金業法という法律に従って登録を行わなければなりません。この貸金業者の登録がないと、法律的には業務としてお金を貸してはいけないことになっています。消費者金融会社は当然のことながら、すべてこの登録をしていますが、闇金は登録をせず、いわばモグリの業者として営業を行っているのです。

登録業者として業務を行い続けるためには、金融業務に関する様々な法律を守る必要があります。たとえば、利息制限法という法律では、一般的なローンで徴収することができる利息の年率を定めています。その年率を超えてローンを提供した場合は、契約自体が無効になってしまい、一切利息を払わなくても良いという事態にまでなりますので、どの消費者金融でもこの年率をしっかりと守っています。

しかし、法の外にいる闇金はそうした法律などお構いなしですので、法定金利をはるかに上回るローン契約を提示することがあります。そして、その金利を払えないと違法な取り立て行為をするのです。取り立て行為に関してもきちんと法律で、できる範囲とできない範囲が決まっていますので、消費者金融会社はしっかりとこうしたルールを守っています。たとえば、夜の何時までは取り立てのために訪問をしたり電話連絡をしたりして良いとか、取り立ての際には利用者に恐怖心を与えるような言動を行ってはいけない、などが定められています。

こうしたことから、消費者金融を利用すれば、利用者の益は守られ安心感を持って返済を続けていくことができます。しかし、過去の債務不履行などのためブラックリストに載ってしまい、どの消費者金融も融資をしてくれないので、闇金を使う人が増えています。結果的に自分の首を絞めて、大変な返済をする羽目になりますので、決して闇金を利用しないようにしましょう。

お金を借りるのにオススメのサービスはこちら